秘書のような専門性の高い仕事は、給料も高額になります。
やりがいも報酬も十分な秘書業務は、女性の転職先として最適だと言えますね。
「先輩秘書は、実際にどのくらいのお給料を貰っているの?」
そんな、気になるお財布事情をチェックしちゃいましょう。

・正社員秘書の平均年収をチェック

正社員として秘書をしている女性の場合、実務経験がある語学力も堪能、と言う条件であれば平均400万円~600万円程度の給料を得ているでしょう。
もちろん、秘書として勤める勤務先の規模によって収入は大きく変動しますので、面接時にきちんと確認しておきたいですね。

未経験の場合も、資格を取得している、事務能力やコミュニケーション能力が高い、という場合は年収400万円程度が保証される職場も多いでしょう。
雇ってから育成する職種ではなく、すでに持っている能力を買われる仕事なため、就職、転職時にどのくらいの価値を自分につけておけるか、が勝負となるでしょう。

より年収の高い企業に就職したいなら、外資系がオススメです。
役員報酬が高額な外資系企業は、秘書へ支払われる給与も多く、年収800万円~1000万円程度の報酬を得ているケースもあります。
外資系の場合は、特に外国語能力が必要になるため、通訳、翻訳などの勉強も必要となります。

・派遣社員秘書の平均時給をチェック

最近では、派遣社員を秘書として雇う企業も少なくありません。
いくつかの企業で実務経験のある派遣社員は、一つの職場しか知らない正社員よりも役立つ、というケースもあるでしょう。

経験のある場合は時給2000円以上、資格のある未経験者の場合は1200円~1500円程度が平均時給です。
専門知識が必要となる秘書職は、未経験であっても他の業種より高額になる可能性が高いでしょう。

派遣と言っても仕事内容は正社員と同じですから、重要な仕事を任せてもらえます。
毎日の仕事にやりがいを感じたいなら、是非“派遣秘書”を目指してみましょう。

・議員秘書ならさらに年収がアップ!

「秘書としてスキルアップしたい」
それなら、議員秘書を目指すという選択肢もあります。
国会議員の秘書になるためには「政策秘書試験」という難関資格に合格する必要がありますが、取得すれば大幅な年収アップが期待できるでしょう。

公設秘書であれば、初任給から40万円以上が約束されます。
最終的には700万円近い年収を得ている方もいるようです。
私設秘書の場合でも、年収500万円程度が平均だと言われているため、一般秘書として経験を積みながら、議員秘書を狙ってみるのも良いですね。