女性の転職先をして、名前が上がりやすい秘書職。
ですが、議員秘書のように男性の方が多く活躍している現場や、秘書として独立起業し働いている女性もいます。
このような高いスキルを求められる専門職の秘書や、議員秘書、独立秘書などを目指すなら、必要なキャリアパスを把握し、自分自身を磨き上げていきましょう。

・一般秘書から目指せる道筋を知ろう

一般的な秘書以上の仕事がしたいなら、まずはどの職場が自分に合っているかを知っておきましょう。
一般秘書の仕事は上司や役員のサポートなどですが、それ以外にも様々な分野で秘書は活躍しています。

学者秘書

大学教授や研究学者などをサポートする「学者秘書」では、研究や実験の手伝いも仕事のうちです。
教授や学者の専門分野について、常にアンテナを張る必要がある仕事です。

医療秘書

医師につく「医療秘書」の仕事では、医師同士の会議や学会などの準備も業務となるため、医学用語などの専門知識が求められるでしょう。

建築家やアーティストの秘書

建築家やアーティストの秘書の場合は、資料作成、経理関係などが一手に任されることが多いでしょう。
図面が読める、書けるなどの知識があると良いですね。

弁護士秘書

「弁護士秘書」の場合は、仕事自体は一般秘書と似ていますが、難解な法律用語などを理解する必要があります。
法律関係に興味があるなら、是非目指したい専門職です。

議員秘書

国会議員をサポートする「議員秘書」は、公設秘書、私設秘書、政策秘書などに分けられ、それぞれ与えられる業務が違います。
答弁の原稿を用意するなどの仕事もあるため、法的な知識だけでなく、優れた文章力が求められるでしょう。

独立する

中には、秘書として独立している女性もいます。
個人、または複数の人の秘書業務をこなりたり、在宅秘書としてスケジュール管理を請け負っている例もあります。
独立することで、年収がアップしたり、結婚や育児中も仕事ができたり、というメリットがあるため、人脈を大切にし、独立起業の機会を窺ってみるのも良いですね。

・なりたい秘書像が決まったらキャリアパスを考えよう

自分が将来目指したい秘書像が決定したら、そこへ到達するためのキャリアパスを考えましょう。
専門的な知識を得る、目標に合わせた資格を取得する、という道筋を立てていきます。

この時、漠然と書き連ねるのではなく「いついつまでにこの資格を取る」「〇年後に面接へ挑戦!」といった具体的な目標を立てると、夢が叶いやすくなるでしょう。

専門的な知識を得たいなら、一般社員や営業、アシスタントなど、秘書以外の立場で入社し、現場の常識や基礎を学ぶのも良いでしょう。
面接の際、将来的には秘書業も考えている点を伝えておけば、声がかかるケースもあるでしょう。

独立、起業を考える場合は、秘書としての知識だけでなく、フリーランスとしての経営知識や経理知識なども求められます。
軌道に乗るまでの間、収入が不安定でも大丈夫なように、貯蓄しておくことも大切です。

これら、専門職の秘書は、会社にとって欠かせない存在です。
一度スキルや知識を身につければ、一生使える財産となる点も嬉しいですね。
頼れる秘書になるためにも、積極的に視野を広げ、知識と経験を深めていきましょう。